本文へスキップ

清隆会

渡部泰介常隆
渡部泰介常隆(わたなべたいすけつねたか)です。
二代目会長西岡常夫泰法先生より秘伝五本を伝授され、平成19年2月18日を以て免許皆伝者となり、翌年、平成20年6月1日を以て清隆会三代目会長となりました。
その折、西岡常夫泰法先生の「常」と清隆会の「隆」を頂き渡部泰介常隆となりました。清水隆次克泰先生より伝えられた神道夢想流杖の「精神」と「技」を、西岡常夫泰法先生より受け継ぎ、清隆会三代目会長として伝承して参ります。



◆杖とは杖とは

神道夢想流杖道は、杖を使った日本に古くから伝わる武道です。
この武道は、剣(打ち太刀)と杖(仕太刀)が組になって形を稽古します。

夢想権之助によってはじめられ、その後長い年月をかけて、変化してきているようです。

◆稽古案内稽古案内


木の杖(長さ1m30cmくらい)と木刀を使った、形武道です。
下記スケジュールのとおり稽古をしています。いつでも見学できますし、
事前に連絡いただければ、体験もできます。一緒に稽古してみませんか。

入会金 3,000円
一回 1,500 円ただし、月上限6,000円。学生さんなど相談応。

稽古のスケジュールはサイドメニューから確認出来ます

ご連絡お待ちしております。


    スマートフォン版はこちらから → 神道夢想流杖道 - 清隆会